うまれるまえのカデンツ

音楽と女の子についての考察

「アイドル以前にひとりの人間なんです!」について考える

 

 


「アイドル以前にひとりの女の子なんです!人間なんです!」というセンテンスが叩かれがちな昨今だけどだいたいが言い訳シチュエーションでしか使われない悪手だからであって、Twitter見てると
「普通にひとりの女の子として呟いてますよねアナタ」
って思うこと多々だし逆にそれが本音っぽくて可愛いな〜〜〜って思っちゃうな、どうかな、

本音って薄暗いもの以外にも素直なきもちだってあるんだなってこと忘れかけてた気がします。でも辞める言い訳にすんな、って事だよね。この世に誠実さに勝る美徳はない

あれれ〜答え出ちゃったな、というわけでアイドル以前に1人の人間なんです問題について考えるのはもうやめた
看板に偽りありですどうも

だって本音っぽく見せてるだけの小悪魔ちゃんでも
本当本気の素直ちゃんでも
マイワールド作り込みちゃんでも

可愛ければいい

ってシンプルかつ残酷な答えにしか行きつかないんだもん。

 

 

 


地下アイドルになるのが簡単になった今、飽和どころか溶けきれてないお砂糖さんが底に大量に沈んでて、

きっとやってるうちにどうしてアイドル続けてるのかもうよくわかんなくなってる子いっぱいいると思う。
「辛いなら辞めればいいのに」と人は言う、そりゃね、
あたしだって他人だから言い放っちゃうけど物事はそう簡単じゃないってわかるよ。ここから言う事は全部一切客目線抜き


あの子と比べたら全然可愛くないし、顔面偏差値は如実にふぁぼやRT数に出るし、プライドってなんだろって意味わかんないって思いながら、ここにいて何になるのかな、女の子としての幸せってなんなのかなとか、そういう事を考えたり、ここで諦めてどーすんだって夢のない明日に希望を見出したりする。
そうして元の世界へ戻っていく子は「アイドルである前にひとりの人間です」なんて、言わない。

"自分が悪い"と思って諦めていく
「地下アイドルにもなりきれなかったなあ」って
この世界自体がもう壮大なオーディションなのかもしれません


ちやほやされる為なら普通にアーティスティックな活動したほうが叩かれないしそっちのがいいよって知り合いが言ってた。人の曲歌えばアーティストだしってその子はお抱えの作曲家見つけて歌手になった。アイドルなんて割に合わないよーーーーって話をぼんやり聞いていた時あたしはまだ、何者でもなかったから、無の気持ちで聞けてたんだろうな、こんな一つの意見。

 

 

 


アイドルに憧れるあの気持ち一生忘れたくない。なりたいものになれますように。
女の子がみんななりたいものを思い出せますように。
あたしは音楽に一生関わっていられますようにと願って、おやすみなさい。