うまれるまえのカデンツ

音楽と女の子についての考察

ゆめかわいい

 

 

って言葉すごく嫌。いままでずっと大切にしてきたものを茶化された気分だった。可愛いものを可愛いと呼んでいたらいつの間にかわけわからん名前がついてた。

 

何言ってんだお前このブログのTOP画像思い切りゆめかわいいに寄せてるじゃねーかよと。これは大先輩苺りなはむ様プロデュースのスタジオで撮影した大昔のアー写です。

単純に可愛いよね。swimmerとかが元々だいすきだし、この世界観はときめく。ユニコーン見ると血湧き肉踊ってしまう。

 

さて、略してゆめかわ。文字通り寝言かよって流行りだした頃は思ったよ。ゆれる・めかぶ・かわいた・わかめ。略してゆめかわ。間違いありません。

でもこれ以上にしっくり来る呼称が見当たらないのも事実で、単に「普通にすきだったものにいきなり変な名前ついてそれが一般化してしまった」現象に抗いたいだけの20代です。間違いありません。若い子は悪くないってわかってる。心で泣いて顔で先輩ヅラしてるでしょ、みんな。


移民と衝突するインディアンに想いを馳せてみる。いつまで経ってもあたしのベイブレードを「ベーゴマ」と呼ぶのをやめなかった父親。違う違うそう呼ばないでよって!かっこわるいでしょって!

すきなものをすきと言っているだけなのにオタクと呼ばれ疎まれる、そんな小学生の頃から感じてた居心地の悪さを「ゆめかわいい」にどうしても感じてしまっている。
大人のあたしは躊躇なく使う。それが社会だから。でも内側に潜む子供のままのあたしはそれを受け入れない。

 

色とりどりのマカロンがすき。誤解を恐れず言えばまあゆめかわいいお菓子だと思います。でも味は正直まあ、美味しいのかなっていうか…、美味しいのかな!?って思うじゃん

常時湿気ってる気がするのは貧乏舌なんだろね。

だってここは高温多湿な日本だよ。マカロンだって湿気るでしょ。これ、湿気ってんだよ。気付けよ日本人。黄色いお猿さんには似つかわしくないんだよ。

なーんて白人コンプを拗らせてみる。笑うなよ。男が一度は地上最強を夢見るのと同じように、女は一度は白人へのコンプレックスで涙するんだ。差別とかいう言葉で嘆く権利を奪うな。ピエール・ニネになりたいな。あれは男だけど

 

ジェラートピケの白くて可愛い生地ペラッペラのパジャマを店頭で眺めて思うことは「生理の日どーすんだよ…」です。血がべっとりついたら泣きながら洗濯すんのか?

それを思うと買う気が起こらないからある意味自己防衛でお財布に優しくなれた気がしていいね。物欲をやり過ごす薬とか精神科で処方されてないんすか

 

可愛いと現実は不適切な関係です。
口約束で簡単に破れる条約みたいなもので、せめてもう、言葉で縛らないでほしいのに。

 

ゆめかわいい自体は下火というより、一旦落ち着いてジャンルとして定着してしまった気がします。

 

嫌いだけど、#ゆめかわいい でタグ漁ると
ときめくものたくさん出てくるな。悔しい。